« 東映に意見する①クリエイターを尊重せよ! | トップページ | 東映に意見する③『男たちの大和』に関する期待と不安 »

2005年7月 4日 (月)

東映に意見する② 対比!東宝の尊敬すべきマインド『ローレライ』賛歌!

toei3 マイルスです!

映画を愛するがゆえに、映画関連のクリエイターを尊敬するだけに!あえて東映さんに意見する記事の第2弾です。

今日は対比の意味で、クリエイターを尊重している東宝さんの事を書いてみます。

そう!ガメラスタッフを起用した『ローレライ』に関してです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

まずは第一弾記事『東映に意見する① クリエイターを尊重せよ』です。以下はこの続きです。

今、日本映画は元気である。

ビジネスとして成功しているといっていいと思う。

メディアMIXも上手だ。漫画、小説、ネットなど、他のメディアで話題となったものは、最終的に映画化に行き着くのが成功の典型となっている。

なんでもかんでも映画化の時代だ。

その中でも、東宝映画は次々とヒット作を連発しており、ほぼ一人勝ちといえる。

なぜか?

そこには『イズム』にまで昇華された『クリエイター尊重』の姿勢があるように感じている。

フジサンケイグループとの資本関係や新生角川映画との関係性など、現在、映画製作を取り巻く環境が複雑に絡み合う中でも、ビジネスとしての枠組みに『クリエイターの想像力&創造力』を埋没させる事なく、尊重し世に送り出している姿勢が感じられる。

少なくとも他の日本映画各社より、その姿勢が強く表されているという感じがする。

たとえば、『ローレライ』

この作品における、東宝の姿勢は尊敬に値する。

まず、スタッフはガメラスタッフである樋口真嗣さんを起用している。

まず、ガメラ自体、東宝のゴジラに対して大映が創造したキャラであり、格で言えば下に位置づけられてもおかしくはない。

生え抜きのゴジラスタッフとの比較はしないが、平成ガメラはコアなファンを確実に掴んでおり樋口真嗣監督の映像センスは海外でも高く評価されている。あたりまえだ、ガイナックスやもん!

フジサンケイグループ主導であったとはいえ、普通、起用自体プライドがジャマをして認められないよ!クリエイター能力を尊重しない限り!

まずこの点が尊敬できる!

くわえて、スタッフの選定に関しても樋口監督のやりやすさを重視しているのがよく判る。

庵野秀明さんや押井守さんを引き出せたのも、そのおかげだと思う。

結果、日本らしい、知恵とセンスにあふれた優れた映像表現が生まれたように思う。

なにが優れているのか?

それは、クリエイターのイメージが先にあり、技術をその再現のために駆使している姿勢に他ならない。

まあ、あたりまえといえばあたりまえなのだが・・

結構、技術にたより技術的に可能な事を、イメージなく見せる映像も多い。

特にCGの場合、イメージなく、CPの演算だよりで演算通りに使う場合なんかも多い。

スター・ウォーズでさえCGになったとたん大型宇宙船の動きから重量感が消えてしまった。多分、動く上での演算としては非常に高度な式が使用されているであろうにだ。

                          

単純に言って『カッコ良くない』んだ。

                         

ローレライでのCGは、単純に言って『カッコいい』んだ

                        

なぜならば、クリエイターがカッコイイと思えるように演算を歪ませているからだ。

アニメ的なコンテ主導の方式で、技術を駆使したからだ。

このマインドこそが円谷英二さんから連綿と続くクリエイター魂だと思っている。

この魂と知恵とセンスこそが、ハリウッドを越えられる日本映画の能力だと信じている。

                         

たとえば、黒沢明の超望遠レンズの使い方。

たとえば、円谷英二が見せた溶岩流の中の国会議事堂のイメージ。

たとえば、北野武が見せたスピード感の緩急のつけ方。

たとえば、深作欣二が見せた画面全体に漲るライブ感

                             

すべては、クリエイターのイメージを再現するために、知恵と技術を駆使して生み出されたものだ。

toei4

それらは、万人に受け入れられずとも、熱狂的なファンを生み出したのは事実だ。

爆発的なヒットとならずとも、ロングセラーとなり、知的資産となったのも事実だ。

そして、海外に影響を与えたのも事実だ。

すべては、クリエイターたちの想いが生み出した財産だ!

上記、尊敬すべき監督さん達は東宝&松竹&東映、すべて含むわけである。

                

オイラは日本映画をファンとして愛している。

                     

もっともっと発展してほしいって思っている!

                    

あえて、東映さんにだけは言いたいと思っている!

東映さんにだけは意見を言いたいって思っている!

                           

東宝さん&松竹さんには言わず、

なぜ東映さんになのか?

なぜか?それはつづくっス!

|

« 東映に意見する①クリエイターを尊重せよ! | トップページ | 東映に意見する③『男たちの大和』に関する期待と不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102482/4828577

この記事へのトラックバック一覧です: 東映に意見する② 対比!東宝の尊敬すべきマインド『ローレライ』賛歌!:

« 東映に意見する①クリエイターを尊重せよ! | トップページ | 東映に意見する③『男たちの大和』に関する期待と不安 »