« あたりまえをリセット!! 今の時代に使えるAIDMA | トップページ | 明日からゴールデンウィークです。遊ぶためにリセットしましょ »

2005年4月27日 (水)

油断をリセット!! テレビドラマに学ぶ『消費者心理』の怖さ

『このソナタっちゅうのは、いいんだにぃ』

なつかしい笑顔、窓の外は雪景色、遠い神社から冬太鼓の響き。半年振りに帰った実家には大正9年生まれのばあちゃんの声が響いていました。

根っからのドラマ好き、NHKマニアのばあちゃんでしたが『冬のソナタ』以外の作品名を孫の私に教えることなど、かつて無く、韓流の波を意外な場所で実感した昨年末でありました・・・・・。

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

波は引きつつありますが昨日のブログで触れたAIDMAモデルの事例検証を試みたいと思います。

昨年、冬ソナの成功を受けてCXで『東京湾景』というドラマがありましたが・・・・一般の方々の評価はネットで検索してみてください。当時は韓流推進派からもケッコウ批判されてましたね。まぁ視聴率だけでいえば月9としては失敗と言えるでしょう。

たぶん優秀なマーケッター達が結集して『冬ソナ』という成功事例を受けて、事前プロモにも力を注ぎ、満を持して放映したはずなのに・・・・。

失敗の理由はいくつか(も)あると思いますが、ここでは視聴者への心理訴求面で考えて見ましょう。

理由は

①成功事例をキーワードとしてのみ捉え、視聴者心理に沿った考察が行えていなかった。

②創り手の『理念・理想・志』が低く、コアのファン層である『冬ソナ』推奨派の反感さえ買ってしまった。

③TVドラマが置かれている市場性が実際は『衰退期』にあたるのに、創り手の現状認識が甘く『成熟期』と考えていた

ということだと思われます。

論理展開はこの表を参照ください。

批判が目的ではありません、ここから何を学ぶかが大切です。

学ぶべきこと

①成功事例からは『成功事例が導いた消費者心理』を学ぶべき

②消費者をナメてはいけない!安易な模倣や話題性づくりを感じたとたんに反発が巻き起こる。だからクリエイターは『これは世の中のためになるのか?』という視点を忘れてはならない!!!!

③市場の置かれている時期による消費者心理のベースを考察しなければいけない。

論理飛躍はありますが学ぶべき点は以上3点だと思います。

『エースをねらえ』の成功を受け、いわゆるリメイク作品の放映が目白押しですが『古い作品=コアなファンを持つ』のは事実ですので安易なクリエイトでファンを逆撫でしない事を祈るしだいです。特にファンの反発が大きくなると非常に怖いですよ・・。私も『デビルマン』の大ファンなので映画版の時にはスタッフを呪ったものです(`々´)

これは竹熊さんのサイトや山本弘さんのサイトが詳しいので是非一読して『ファン心理逆流』の怖さを味わってみてください。

アンチ『デビルマン』リンク

http://homepage3.nifty.com/hirorin/devilmanlink.htm

 

たけくまメモ デビルマンのあの人が

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/02/post_21.html

今後のテレ朝さんのリメイク路線は単純に楽しみにしているんですよ。

アタックナンバーワン公式サイト

http://www.tv-asahi.co.jp/no1/001_infomation/index.html

アストロ球団 公式サイト

http://www.tv-asahi.co.jp/astro/

とにかく視聴者をナメない高い志のクリエイトが増えて日本のTVドラマが活気を取り戻す日を願うばかりです。

・・・・・・・・・・

・・・

アイ ハブ ア ドリーム

今年の年末、雪景色の丘にある我が家で、かつて『冬ソナ』にハマった祖母と、『冬ソナ』を今更論じた孫とが、一つ屋根の下で笑顔を見せ合い語ることを!!

『最近の日本のドラマっちゅうのは凄くイイんだにぃ』

って

「miles.jpg」をダウンロード

|

« あたりまえをリセット!! 今の時代に使えるAIDMA | トップページ | 明日からゴールデンウィークです。遊ぶためにリセットしましょ »

コメント

少し古いネタでしたが使ってみます
あれぱわ歩ですか?

投稿: わき | 2005年4月28日 (木) 00時09分

わき様ありがとうございます。
ダウンロードファイルの元はおっしゃるとおりパワポでつくりました。時間無い中でつくっていますので論理展開的に無理がありますが、フォーマット的には置き換えてご検討いただければ使えるのではないかと思っています。
まだ、ブログなれしていないので見づらいつくりで申し訳ないです。
だれかに教えてもらいたい・・・感じです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: マイルス | 2005年4月28日 (木) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102482/3883326

この記事へのトラックバック一覧です: 油断をリセット!! テレビドラマに学ぶ『消費者心理』の怖さ:

» 「♪苦しくったって~」の主題歌の秘密 [スポルト・ステラ (Sport Stella)]
いやいや、いろいろやってますね。 OPテーマ 福田沙紀「アタックNo.1 200 [続きを読む]

受信: 2005年5月 2日 (月) 00時18分

» ドラマ[エースをねらえ!] [ドラマストリート: ドラマ[エースをねらえ!]]
ドラマ☆ストリート<エースをねらえ!>「エースをねらえ!」は、山本鈴美香のスポーツ匁である。1973年から1980年まで『マーガレット (雑誌)|週刊マーガレット』に連載された作品で、同誌を代表する名作匁のひとつとして30年以上愛読されてきた。少年少女を中心にテニ... [続きを読む]

受信: 2005年5月 6日 (金) 13時52分

« あたりまえをリセット!! 今の時代に使えるAIDMA | トップページ | 明日からゴールデンウィークです。遊ぶためにリセットしましょ »